予防や対策

クリニックでわきが治療を行う場合、脇をメスで切り拓き、アポクリン腺を取り除く方法が一般的とされていました。

現在では、この方法以外でも傷跡を残さない方法が取られることも多いようです。

マイクロ波を使った治療法では、メスを入れなくても原因のアポクリン腺や汗腺を壊すことが可能とされています。ダメージが少なく、高い効果も期待されるので特に女性に人気があるとされています。

メスを使った手術では、身体の負担が多く、術後の安静が必要なので時間がかかるとされていました。
マイクロ波を使った治療では、手術後の違和感も少なく、メスを使った方法よりも早く復帰することができるそうです。

実践的な手術以外でも、食事によって臭いを抑える事も可能とされます。
食べ物の種類によっては、臭いの成分を作り出してしまうものも有るので、正しい知識が必要でしょう。

また、身体を洗う石鹸にも臭いを抑える効果が期待できるものもあるので、試してみるのも良いでしょう。

わきが専門のクリニックでは、予防方法や対策を教えてくれるので、臭いが気になる程度でも受診がおすすめです。

正しい知識を

わきが治療に関して、間違った方法をとるのは逆効果になってしまう場合も考えられます。

わきがに悩んでいる人の中には、誤った方法で対処されている方もいらっしゃるでしょう。
例えば、カミソリでの除毛や、サロンでの脱毛は正しい対処方法とは言えません。わき毛の量や太さによって、ニオイのもとであるアポクリン腺も多いとされていますが、その毛を除毛したり脱毛しても元々の原因を解決しているわけではないので改善されません。

デオドラントスプレーや、拭き取りシートでは臭いを一時的に抑えることしかできません。
特にデオドラントスプレーの場合、高頻度で使用すると低温火傷や逆に刺激することで臭いを強くしてしまうことも有るそうです。

自己判断で市販の薬を服用する場合、効果が期待できない可能性も有り得ます。
わきからの汗や臭いが消えたとしても、ほかの箇所から汗や臭いが出てくることもあるそうなので根本的な解決とはならないでしょう。

このように、間違った判断や方法によっては臭いを強めてしまう原因になりかねません。
自己判断ではなく、病院やクリニックなどでの医師からの診断を受けましょう。

臭いが弱いうちに正しい対処をすることで、改善できる可能性は高いでしょう。

ストレスとの関係

緊張によって汗をかきやすい方もいらっしゃるでしょう。

会議でのプレゼンテーションや、面接といった緊張する場面では、手汗以外にも服の内側の見えない部分でも汗をかくものです。
わきがを気にしている人は特に、自分から臭いが出ていないか悩み、ストレスを感じてしまうでしょう。
このストレスにより、さらに汗をかいてしまって負の連鎖が続く場合も考えられます。

ストレスにより、交感神経が刺激されます。
その結果、臭いの成分であるアポクリン腺の活動量が増え、臭いが放たれるという流れに繋がります。

ストレスの度合いと臭いには科学的にも根拠が有ると考えられています。

ストレスを感じやすい人は、常にアポクリン腺が刺激されている体質になっている場合が考えられます。
日常生活でストレスを感じ、わきがに対してもストレスを感じていると悪化しやすいとされるので注意が必要でしょう。

ストレスを感じないようにするのは、急には無理かもしれません。
しかし、意識の向け方一つでも変化させることは可能でしょう。
怒りっぽい性格の場合、感謝することや楽しくさせるように考え方を変えてみると良いでしょう。

ストレスを感じやすい場合、クリニックでは治療の前にカウンセリングがあるので、悩みを相談できます。
治療の前に、解消できる悩みは片付け、ストレスと上手く付き合うことが必要でしょう。

当てはまったら

コンプレックスとして、わきがや多汗症に悩んでいる人も居るでしょう。
悩んでいるけれども、自分がどちらに当てはまっているのか、わきがと多汗症の区別がついていない場合も考えられるでしょう。

わきがの場合、以下の内容が当てはまるそうです。

■耳垢が湿っている
シャワーを浴びた後や、プール後などは耳の中が湿っているでしょう。しかし、わきがの人は常に耳の中が湿っている状態に有るそうです。

■服の黄色いシミ
脇に触れる部分に、黄色いシミが付いている場合が有ります。アポクリン腺の影響で、分泌液の成分に色素が入っています。目で見て黄ばんでいると分かるのは、それぐらい分泌されているのでわきがと判断されるでしょう。

■遺伝
医学上、わきがの両親の間に産まれた場合、遺伝を受け継ぐ確率が高いとされているそうです。また、片親がわきがの場合でも半分の確率でわきがが遺伝するとされています。

■わき毛
わきがの原因であるアポクリン腺は、わき毛の根本に多く存在しています。毛が多く、太いといった方はわきがである可能性が高いとされています。

このような症状がみられる方は、クリニックに相談することが望ましいでしょう。
適切なアドバイスや治療方法を知ることができます。

解決する

男女問わず、「わきが」に悩んでいる人やコンプレックスを感じている人は少なくないでしょう。

暑い夏は、家の中や外など、少しでも動くと汗をかくものです。
シャワーを浴びたでも、代謝が良くなっている身体は汗をかきやすいでしょう。
石鹸やボディソープを使って洗っていても、汗をかいたら気になるのが臭いです。

自分の身体から臭ってきた場合、人混みの中やエレベーターの密室などは避けたくなるでしょう。
気づかれたくないし、臭いと言われたらどうしようと不安に悩まされるので、人に嗅がれたくないものです。

スポーツが好きな人でも、わきがを気にするあまり、楽しむことができない場合も有るでしょう。

悩んでいる人のための解決策として、クリニックでの治療がオススメです。
わきがは正しい治療によって、改善することが可能です。

改善を諦めてスポーツをしなかったり、汗をかくことを恐れて外出ができないといったことはストレスがかかって良くないでしょう。
自分がやりたいことを堂々と行い、コンプレックスを解消して自分に自信を付けることです。

2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031